CONTENTS-My Songs-


My Favarite
追加準備中
THE POLICE

【試聴】(YouTubeなのでファイルが削除されている場合はアシカラズ・・・)



The police - Every breath you take
1981年:イギリス:POLICE

 世界中で大ヒットした名曲です。邦題は「見つめていたい」。しかし、正直なところ、ポリスの曲も、スティングがソロになってからの曲も、そうした大ヒット曲以外の曲の方が格好良く思えてくるんですよね・・・。というか、どれもヒットしてるんですけど^^;

 ポリスと言えば、「白いレガッタ」というタイトルのアルバムもあります通り、「白いレゲエ」です。レゲエというジャンルは、もともとジャマイカの音楽ジャンルです。ボブ・マーリーとかが有名で、日本にもファンが多くいます。

 独特のリズムによって「平和」な癒し系っぽい印象がありますが、実はジャマイカの歴史とか政治問題とかを扱った、反体制色の強い楽曲が多くて、正直、個人的には、あまり馴染めません。

 しかし、これがイギリスに渡って、ゴニョゴニョと吸収され吐き出されて来た「白いレゲエ」は、何とも言えない独特の世界観を醸し出しており、気だるい曇り空の下が良く似合うと思います(笑

The Police - Can't Stand Losing You: Video
 私が始めてポリスを知った曲でして、MTVで見ました。めちゃめちゃ格好良いバンドでした。

 その後、ボーカル&ベースのスティングだけが、どんどん有名になり、これまたジャンル違いながら私の趣味であるSFの世界では有名な小説『砂の惑星』の映画化に、きっちり噛んで(しかも、主人公のライバルという重要な役で)出演し、ま、映画の出来は相当アレだったのですが、私個人の守備範囲の中に入り込んでくる訳ですw

The Police - Roxanne: Relaid Audio
これも同じビデオから。

The Police - Message in a Bottle
どれも格好良いのでキリがないですね^^;

The Police - So Lonely
この曲のプロモーションビデオは、主に東京の地下鉄を使って撮影されています。東京と香港で撮られたそうです。

King of Pain
一番好きなこの曲ですが、ライブバージョンが沢山アップされてますね。

 そんなポリスですが、1977年の結成から約7年後の1984年に一旦活動停止しました。ボーカルのスティングは俳優業などもしながら、ソロ歌手として大活躍。但し、ポリス自体は解散した訳ではなく、2001年にもThePoliceとして演奏しています。


【再結成】
で、2007年にデビュー30周年を記念して再結成。すっかり老けたと思いきや、滅茶苦茶ワイルドな年寄りとして完成されていました(笑

 以下は、上に挙げた3曲と同じ曲の30年後の演奏です。比較すると楽しいです。

Police 2007 - Can't Stand Losing You / Reggatta de Blanc


Grammy 2007- The Police Roxanne Live


Police 2007 - Message In A Bottle