環境変数チェック
 アクセスした時間
 2017年10月19日21:55:27
 あなたのIPアドレス
 54.157.81.13
 HOST名
 ec2-54-157-81-13.compute-1.amazonaws.com
 言  語
 
 使用ブラウザ
 CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
 リンク元
 
 PROXY判定
 PROXYサーバー経由の形跡は見つかりませんでした。
 接続元IP
 54.157.81.13

TOP




このページで判る事は下記の通りです。
気になる人は、じっくり読んで見て下さい(^^)/

 
ここに表示される情報は、インターネットを利用する限り、必ず相手に伝えられる情報で、これら全てを隠してインターネットを利用することはできません。

利用者に見える、見えないは別として、アクセスカウンターを設置してないサイトは無いと思いますが、アクセスカウンターは、アクセスログを必ず取得し記録します。要するに、どのサイトでもアクセスログは記録していますので、気にする必要なんてゼロです^^

アクセスログに記録されたIPアドレスやホスト名からは、大まかな地域や利用しているプロバイダ程度の情報しか得られません。

本来の自分のIPアドレスを、特定のIPアドレスに偽装する事は不可能です。

プロキシサーバーを経由すれば、自分自身の本当のIPアドレスでは無いIPアドレスを使って、ネット閲覧が可能です。

つまり、特定の誰かにに成りすます事は不可能ですが、自分を隠す事は可能、という事です。

そして、もちろん、そのIPアドレスが本物なのか、プロキシ経由か?を判別する方法がありますので、IPアドレスを隠してる人のアクセスは区別が可能です。

また、プロキシサーバーによっては、隠したつもりの本当のIPアドレス情報を全部出してしまう設定になっているものもあります。(上の「接続元IP」参照。)

一応、上でその判定を行っています。(ただし、これは偽装が可能ですので、判定結果は確実ではありません。)

そして何よりも、この判別が可能になった所で、普通のサイトであれば、そんなものは大して意味はありません^^

使用ブラウザは簡単に偽装できますので、情報的価値はほとんどありません。

これは、どんなブラウザが主流なのか?とかOSの種類を、ざっくり調べるくらいの用途にしか使いません。

つまり、この程度で個人情報が漏れるなんて有り得ませんのでご安心下さい。(^^)/

このページを設置してる理由は、この程度の誰でもできる簡単な仕組みでIPアドレス等を表示させ、アクセスした人の個人情報を”抜いた”とする、 古い古い方法で、未だにネット利用者を脅す行為が残ってる事(ワンクリ詐欺等)に驚くとともに、当サイトを訪れて頂いた方々には、そんな使い古された手法に引っ掛らないよう、最低限の知識を得て頂く為です。

アクセス履歴から個人情報を得るには、明確な犯罪行為が認められた場合で、尚且つ、裁判所がその捜査に協力するよう、プロバイダ事業者に、個人情報開示命令を出した場合に限られます。
それ以外の手段では、プロバイダ事業者は、利用者の個人情報を開示してはならない、と定められております。
 

BBSで質問を受け付けますよ〜(^^)/