CONTENTS-MY GUNDAM-



[補足]

”さすが”な奴です


もちろん、”なんとも無い”あいつです。

昔、ホビージャパンの別冊、『How To Build GUNDAM 2』に作例が載ってましたね。

最近入手した復刻版を見てみると、1/144は迷彩塗装でズゴックと一緒にジオラマで登場。1/100はグレーの渋い塗装。

体形としては、1/100の方が私のイメージなのですが、賛否両論あるみたいですね・・・

もちろん、HGUCのゴッグが、まさに理想的な体形を実現してますので、”ゴッグのプラモデル”が欲しい場合は迷うことなくHGUCですね。。

水陸両用MS達は、アニメ本編を見てる分には全く違和感無いのですが、プラモデルというか立体物に接すると、途端に違和感をバリバリ感じ始めるデザインなのですが・・・

・・・「気にしたら負け」ですw

-1/144スケール ゴッグ-

 M.S NORMAL TYPE (←そろそろここにも突っ込みたくなってきましたw)
 ジオン軍重モビルスーツ 水陸両用タイプ。

 デ○ とか ○ブ とか言っちゃいけません!もちろんタマゴローでもありませんw

 ま、おデブとか言われても、そこは「さすがゴッグ!なんとも無いぜwww」という事です。

 ブームの時に作った記憶がかすかにあります。
旧キット ゴッグ 1-1  もちろん、いつも通りの、「ガンプラ」です。
旧キット ゴッグ 1-2

 ボールを作った時に、おまけの小さいのがついてて、「ロボダッチみたい!」と思ったりしましたが、

 こちらは、もうそのものずばり!のロボダッチ体形ですw タマゴローですね。

 思えば、私が始めて作ったプラモデルはたぶんロボダッチ・シリーズの何かです。・・・どうでも良いですねw

旧キット ゴッグ 1-3  さて、キットですが、一見して判る通り、足首が可動しません。しかし、問題は、設定画を見ても、やっぱり足首は動きそうに無い、という点ですw

 つまり、最初から歩行不可能なデザインということになりますので、色々と考えても無駄なのですw
旧キット ゴッグ 1-4  そして、ゲルググと同じく、肩アーマーが胴体と一体成型となってますので、腕は上に上がりません。

 上に上がらないどころか、前にも出せませんw

 では、仮組みをば・・・と、気が付いたのですが、よく見ると、各パーツに番号が入ってるではありませんか!

 私はいつも、後でどれがどれか判らなくなると困るので、油性マジックでパーツ番号を書いておくのですが、
 なんと!ゴッグのキットは、そんな手間を省いてくれているのです!

 素晴らしい!!

旧キット ゴッグ 1-5  ほら!
旧キット ゴッグ 1-6  こんな風に!

 物凄いバリについては、今更なので無視の方向で


 いやー!これは便利!

 なんて思ったのもつかの間w

旧キット ゴッグ 1-7  この赤枠のランナーだけが番号入りwww

 他には番号など入ってませんでした。

 なので、やはりマッキーの細い側でコツコツと番号を書いていくことに・・・

 なんでこんなことになっちゃったんだろう??w


 で、仮組み開始。

 ・・・う・・・うう・・・え〜と・・・
 
旧キット ゴッグ 1-8  ペアとなるパーツが互い違いになってるんすよね・・・

 小さな事ですが、微妙にイラっとしたりw
旧キット ゴッグ 1-9  と思ったりしてると、これですw

 これ、赤同士、緑同士がペアとなるのです。
 
 こう・・・なんと言いましょうか・・・w

 いや、なんの問題も無いんですよ?

 無いんですけどねw

 なんでこうなっちゃったんだろうか?とw


 本当にどうでも良い小さな事なんですけどね〜

 なんですかね・・・本当に微妙にイラっとさせられるんですよね・・・w



 今度こそ気を取り直して仮組み開始です!

旧キット ゴッグ 1-10  ・・・できました!(30分くらい掛りましたがw)

 思った以上に可愛いゴッグさんw

 モノアイ・レールはいつも通り繰り抜いて、裏から黒いプラ板でも貼り付けましょう。

 肩は・・・やっぱ切りはn・・・あうあうw
旧キット ゴッグ 1-11  ・・・ま、特に何も無い背中です。
旧キット ゴッグ 1-12  有名なベルファストの港への上陸シーンは、腕が前に出せない為に再現不可能です。

 やはり肩アーマーは切り離・・・いやいや・・


 という訳で、仮組み完了。

 色んな箇所で、色々と仮組みし難いキットです。

 組んだことの無い方は、是非とも、この微妙なイライラ感をお試し下さいw
旧キット ゴッグ 1-13

 この酔っ払い、、、どうしたもんでしょうね・・・

 基本的に改造しない(できない)のがこのサイトの特徴なのですがね・・・

 
 とりあえず、やみくもに取り組んでみることにしましょう。。


 ・・・と、言いつつ・・・どっから手をつけたもんでしょうかね・・・(・_・;